なにがなんだか

なにがなんだかよくわかりません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コムサでメガネを買う

友達がコムサでメガネを買うというのでついて行ったら、「セール!」「2個目は半額!」とのこと。


便乗して半額メガネをゲットするしかない!と衝動的に買ってしまいました。


6900円のメガネが半額なので、3450円で買えちゃました…ってなるはずでしたが、いつものパターンで、「目が悪すぎなので普通のレンズだとフレームはみ出しすぎだから、1段階くらいは薄いレンズにしないと大変ですよ!」と。

んー。結局レンズ代3000円プラスして、(6900円+3000円)÷2=4950円!…ってなるはずでしたが、なんと、「半額になるのは安い方のメガネですよーお客さあんにやにや」と。友達は6900円のメガネなので、友達が半額になるというミラクル。


えー!って事で、(6900円+3000円)+(6900円÷2)=13350円、を2人で割って結局約6700円払って無事コムサのメガネをゲットしました。


…いらなかったかも





[ 2010/07/28 22:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

Mozilla Thunderbird メール自動振り分け設定方法

Mozilla Thunderbird メール自動振り分け設定方法です。

そのままですが、サンダーバードでメールの自動振り分けをする方法です。

振り分け条件は、件名、アドレス、本文、日にちなど、他にも細かく設定できます。僕は、ヤフオクからの出品、自動再出品の通知がたくさん来て邪魔なのでとりあえずこれらを事業仕分けします。


(1)振り分け用のフォルダを作る
まず、振り分け先のフォルダが必要なので、使っているメールアカウントのところに右クリックで新しいフォルダを作ります。僕は「出品」フォルダを作りました。


(2)振り分け条件を設定する
フォルダができたら、サンダーバードの上の「ツール」→「メッセージフィルタ」→「新規」をクリック→「フィルタの設定」画面で、条件を入れます。フィルタの名前はなんでもいいので、僕は「出品」にします。

受信されたらすぐ仕分けして欲しいので、「メールチェック時と手動実行」

ヤフーから来る、件名に「出品」とあるメールを振り分けたいので

「すべての条件に一致」

「件名」「に次を含む」「Yahoo」、右端の「+」をクリックして条件を増やして、

「件名」「に次を含む」「出品」

これで、件名に「Yahoo」と「出品」の両方のキーワードが入ったメールだけが振り分けされます。


すぐ下の「以下の動作を実行する」欄、「メッセージを移動する」、でさっき作った「出品」フォルダを選んで、「OK」メッセージフィルタの画面を閉じる。


(3)とりあえず今ある分を振り分ける

「ツール」→「フォルダにフィルタを適用」


終わり!
[ 2010/07/28 21:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

YUKI うれしくって抱き合うよツアーin札幌行ってきました。

「YUKI 北海道公演のチケット」←前記事


結局2枚1200円でチケット譲ってもらったので、元厚生年金会館(現ニトリ文化ホール)行ってきました。

全然変わってないです。いつもの厚生年金会館でした。ダフ屋の人が「チケットたくさん余って大変だぁ」なんてつぶやいてましたけど、情報誌見たら、完売だったみたいですね。


2階席は初めてでしたが、高いです。2階席っていうかここ4階です。 ステージを見下ろす感じなんですが、階段で転んだら命はないでしょう。


ステージ全体がおもちゃの箱庭って感じで非常に可愛いです。おしゃれです。YUKIは「絵本のイメージで作ってます」みたいな事を言っていました。


大きな影絵のオープニングはおしゃれしゃれおつでディズニーランドのアトラクションでも始まりそうです。不覚にも「おぉー」なんて声が自然と出てしまいます。


オオカミと一悶着あってYUKIが登場。2階席といえども総立ち拍手で地元北海道にお帰りなさいみたいな。


座って観たい派の僕は立つもんかと、頑張って隙間から観ようとしてましたが、こっちの方が大変だと結局立って「イエーイ!」なんて要するにノリノリでした。


ま、途中で「みんな一回座って観ようかあ」みたいな事をYUKIが言ってくれた時は即行座りましたけども。年取ったせいか(まだ25歳)最近は椅子がある会場では極力座ってゆっくり観たい派の僕です。


2階席でも後ろの方だったので、顔の表情までは見えませんでしたが、膝まである長ーい三つ編みをぶんぶんさせてちいちゃくて可愛らしい38歳のYUKIがそこにはいました。


可愛らしい38歳っていったいどういう事なんでしょうね。自分でも何言ってるのかわから…(ry 催眠術だとか超魔術だとかそんなチャチなもんじゃ…(ry


とにかく可愛いです。



曲名がひとつもわからないので書きづらいですが、キーボードとYUKIだけでやった曲と、パンチ!、パンチ!、みたいな動きしてた曲が良かったです。あと砂漠の民がなんたらかんたら…って曲も。観てないとわかりません。ジュディマリの方が知ってる僕には、「あ、今はこういう声なんだへえ」って感じも最初はありましたが、今の声もいいですね。サックスなのかギターなのかYUKIなのか、そんな声でした。あとピアノとYUKIの相性の良さってはんぱないんですね。ソウルフルなドラムも良かったです。スネアに気持ち入った雰囲気で叩く人ってやっぱいいんですよね。


あ、道新スポーツの曲やってくれてましたが、函館人としてはちょっと感動でした。w 俺地元一緒だし-。って感じでなぜかちょっと誇らしげな僕。w




いやー、行って良かった。曲しかり、小道具大道具しかり、ホントに凝ったライブでした。なによりYUKIの声に癒されます。さすがにこんな安い値段で観れるライブではなかったです。ってことで帰りにトートバッグ買って帰りましたとさ。イエーイ!



(ってか今テレビのシルシルなんとかで妄想代理人の曲かかってた気がする…)






[ 2010/07/26 22:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

CDブートの回復コンソールディスクを作る方法

SYSTEMファイルが壊れていてWindowsが起動できないけど、セットアップCD-ROMは持ってない。フロッピーを起動する環境もない。そういう時のためのメモです。起動用のCDを作ります。

(*僕はPCについて全くの素人です。ここに書いてある情報が誤ってる可能性もありますし、うまくいく保証は何もありません。何があっても責任はとれません。)


僕のOSは Windows XP Professional SP3です。


マイクロソフトのサポートページから起動ディスク用ファイルをダウンロードする。


マイクロソフトのサポートページ→http://support.microsoft.com/kb/880422/jaにアクセス。「起動ディスクを作成する手順」のところに「Windows XP ~用起動ディスク」というファイルが8種類おいてありますので、自分のOSにあったものをダウンロードします。ダウンロード先はどこでもいいので、デスクトップにでもダウンロードしておきます。

*ただ、リンク先にも書いてありますが、ここで気をつけたいのは現在のOSのバージョンではなくて、購入時のバージョンのものをダウンロードすると言うことです。僕は現在Windows XP Professional SP3ですが、SP2用をダウンロードしました。(元々SP1だったかSP2だったか忘れていましたがとりあえずSP2にしました。結果あっていたようです…w)

*SP3用のファイルが現在用意されていないようなので、元々SP3の人は、SP2用のファイルをダウンロードして下さい。



②ダウンロードしたファイルを解凍する。

ダウンロードしたファイルの拡張子は.exeですが、実行せずに解凍します。ダブルクリックしないで、解凍レンジとか7-zipとか使って下さい。


③解凍したファイルの中から.exeのファイルを2つ削除する。


ファイルを解凍すると「cdboot1.img」みたいなファイルが6個、「make~.exe」というファイルが2個出てきますので、「make~.exe」は2つとも削除して下さい。6個のimgファイルだけ残します。


④UltraISO(体験版)をインストールする。

ウルトラISOのダウンロードページ→http://www.ezbsystems.com/ultraiso/download.htmにアクセス。色んなLanguageがありますが、とりあえず一番上の「English」をダウンロードします。ダウンロード先はデスクトップでいいです。(ダウンロードのボタンが #1と #2の2つありますが、どちらも同じファイルですので好きな方からダウンロードして下さい。)


「uiso9_pe.exe」みたいな名前のファイルがダウンロードされたと思いますので、ダブルクリックしてインストールします。「次へ」をどんどん押していけば簡単にインストールされますが、僕は途中で「追加タスクの選択」と出て来たときに、「デスクトップにショートカットを作成する」以外のチェックを外しました。「.iso拡張子関連づけ」と「ISOドライブのインストール」みたいなのは今回はおそらく必要ないです。(実際外しても問題ありませんでした。)


⑤ I386 という名前のフォルダを作る。

I386という名前のフォルダをデスクトップに作っておきます。右クリックでフォルダを新規作成して、I386と名前をつけるだけです。(アイサンハチロクです。イチサンハチロクではありません。)


⑥UltraISOを起動する。

UltraISOを起動します。起動しようとすると「登録されていません」みたいな画面がまず出てきますので、「体験版を継続して使用する。」をクリックして下さい。


⑦UltraISOを使ってI386フォルダの中にファイルを作る。

UltraISOが起動したら、上の「ファイル」→「開く」で、②で解凍したフォルダの中にある、cdboot1.imgを開きます。(UltraISOの右側の画面の中にファイルが6個くらい出てくると思いますが、これがcdboot1.imgの中身です。)

「動作」→「取り込む」をクリックして、⑤で作ったI386フォルダを指定します。
「すべてのファイルを取り込みますか?」と出るので、「はい」をクリック。これでI386フォルダの中にファイルが書き込まれます。

この⑦でやったことを、cdboot2.img~cdboot6.imgでも同じように行います。つまり計6回やることになります。終わったらUltraISOはいったん終了します。


⑧wxp10.zipをダウンロードして、ファイルを追加する。

http://www.nu2.nu/download.php?sFile=wxp10.zipから「wxp10.zip」をダウンロードします。リンク先に、「wxp10.zip」がいっぱいあるように見えますが、全て同じファイルですのでどれかひとつダウンロードします。デスクトップに保存でいいと思います。

「wxp10.zip」を解凍します。解凍してできたフォルダ「wxp10」の中に「cds」というフォルダがあります。更にそのフォルダの中を見ると、「wxphome」と「wxppro」の2つのフォルダがあります。自分のOSがHomeなら「wxphome」、Professionalなら「wxppro」の中を見て下さい。「file」というフォルダの中にファイルが3つあります。

w2ksect.bin、win51、win51ic か、

w2ksect.bin、win51、win51ip の3つがあると思います。


ここにもうひとつファイルを作ります。

OSに合わせてファイルの名前が違うのですが、例えば僕が作るのはProfessional SP2用の起動ディスクなので win51ip.sp2 というファイルを作りました。win51ipのファイルをコピーして同じフォルダ内に貼り付け、win51ip.sp2と名前を変えただけです。

sp1の人は .sp1、sp3の人は .sp3です。


つまり、

XP Professional の場合、「wxppro」→「file」の中に
SP1なら→win51ip.sp1を作る
SP2なら→win51ip.sp2を作る
SP3なら→win51ip.sp3を作る

XP Homeの場合、「wxphome」→「file」の中に
SP1なら→win51ic.sp1を作る
SP2なら→win51ic.sp2を作る
SP3なら→win51ic.sp3を作る

って事です。


大事なのは名前で、ファイルの中身は関係ありません。同じ「file」フォルダ内にあるファイルをコピーして、名前を変えればそれでOKです。(SPのつかない無印の場合はファイルを作る必要はないみたいです。)


⑨UltraISOでファイルをまとめ、ISOイメージを作る。

UltraISOを起動します。

「動作」→「フォルダを追加」でI386フォルダを選択→「OK」。

「動作」→「新規ファイル」で⑧でファイルを追加した「file」フォルダ内 w2ksect.bin 以外のファイルを、Ctrlキーを押しながら3つとも選択し、「開く」。

(ここまでで、UltraISOの右の画面の中にI386フォルダとwin51~のファイルが3つあればOK。左上の表示はまだ「ブート不可」となっていると思います。)


「ブート」→「ブートファイルの読み込み」で、先ほど選択しなかった「file」フォルダ内の w2ksect.bin を選択し、「開く」。

左上の表記が「ブート可能」になる。


「ファイル」→「名前をつけて保存」で保存。これで起動用のISOイメージの完成です。(何でもいいのですが、僕はbootdisk.isoと名前をつけて、デスクトップに保存しました。)


⑩作ったISOイメージを、ISOイメージとしてCD-Rに焼く。

作ったISOイメージを、ライティングソフトでCDに焼きます。

ただ、そのままデータファイルとして焼くのではなく、ISOイメージとして焼く必要があります。やり方はライティングソフトによってそれぞれなのですが、「ISOイメージとしてディスクを作る」みたいなのがあればそれで大丈夫です。

手持ちのソフトでやり方がわからない場合は、フリーソフトがあります。僕はDeepBurnerというフリーソフトで焼きました。


焼いたCD-Rの中身を見たときに、ISOファイルが1つある状態の場合は、ISOファイルイメージとして焼けていません。I386フォルダと、win51~のファイルがあればちゃんとできています。


以上CDブートの回復コンソールディスクを作る方法でした。


参考サイト
http://lets-go.hp.infoseek.co.jp/kaihuku.html
http://support.microsoft.com/kb/880422/ja



[ 2010/07/21 12:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

JOIN ALIVE in 岩見沢

これからJOIN ALIVE行ってきます。

やっとBase Ball Bearを生で見れるって事でとりあえずテンションあがってます。ってか曇りの予報だったのに今んとこ天気良すぎ。


今回が第1回なのでいったいどんなフェスになるのか想像できませんが、それがまた楽しみです。今年ライジングサン初参戦予定の友達が、「ちっちゃいライジングサンで練習だー」とか言ってましたがどのくらい人集まるんだろうか。先に岩見沢着いてる人によると、車が結構並んでるとか並んでないとか。


改めてタイムテーブル見ると、意外と見たいの少ないなあなんて思ってしまいますがそれはそれでゆっくりできそうだしまあいいか 服装も決まったしさあ行くぞー!



[ 2010/07/17 09:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。